忍者ブログ
日本共産党 厚木市議員団のホームページをリニューアルしました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


みなさん、こんにちは。日本共産党厚木市議会議員の栗山香代子です。
4年前の市議選後の初めての議会は、決算審議をする9月議会でした。民生、衛生、労働、農林水産、商工、土木、消防、教育などたくさんの項目のある分厚い決算書を手にして、市政が市民の暮らしに身近なものだと、改めて実感したものです。その思いは今も、私の議員活動に生きています。
生活相談、道路の問題、まちづくり、あるいは国政との関連など、市民の皆さんと話をする中で、様々な問題を共有し、解決に向けて全力を挙げて活動をしてきました。
また、年に4回の厚木市議会定例会では、一度も欠かさずに一般質問をして、市民の声を市政に届け、実現してきました。議案審議や請願・陳情でも、市民の立場ではっきり発言してきました。
これからも、私は、皆さんの声を市政に届け、しっかりと市政のチェックをしていきたいと考えています。今後もご支援をお願いいたします。
PR

皆様こんにちは、厚木市会議員の釘丸久子です。
 東日本大震災は、日本の防災の在り方を根本的に変えてしまいました。厚木市でも被害が出ています。今後の厚木のまちづくりをどうするのか、防災体制をどのように見直していくかが問われています。

 自治体の第一の仕事は「福祉の増進」です。
 今、厚木市でも特養ホームなどの入所を待っている方は600人を超えています。これからますます高齢化が進むなか、安心して老後を過ごせる施設や制度の充実が求められています。
 また、保育所の待機児も深刻です。厚木市はこの4年間で、民間保育所の建設で、保育所の入所定員は400人も増えました。それでも毎年度末には待機児童は200人にもなります。

 市民の願いに寄り添い、自治体本来の仕事である「福祉の増進」をはかり、「住民が主人公」の厚木市をつくるためにこれからも全力で頑張ってまいります。皆様の大きなご支援を心からお願いいたします。
市民の声を生かし働きます
kugimaru.JPG

 画像をクリックすると、ブログ(くぎ丸日記)にジャンプします。 




【ごあいさつ】
  
私は、議席を失って以来の4年間、くらし相談、街づくりの問題などにかかわり、みなさんの声を聞きながら、ともに運動をすすめてきました。市民の声を聞き、現場を知ることが活動の原点です。くらし・福祉・教育、そして憲法と平和をまもるために、ご一緒に力をあわせましょう。

【プロフィール】   
●小田原市生まれ
●小田原場内高校、静岡県立女子短大国文科卒業。
●平塚江陽中学校教諭、神奈川県職労愛甲支部書記。新婦人厚木支部事務局長・支部長を歴任。
●厚木市議会議員初当選以来3期。市民福祉常任委員、環境教育常任委員など。03年市議選で惜敗。
●趣味は絵手紙、読書。
●厚木市毛利台在住。


 子ども・医療を大切にします。kurikayo.JPG


 画像をクリックすると、ブログ(市民のくらしに市政の光を)に
 ジャンプします。




【ごあいさつ】
  
 私は、県立厚木病院の民営化反対の運動や、新婦人で小児医療費無料化の拡充などの運動をすすめてきました。
 このたび、森屋騏義議員からバトンを引き継ぐことになりました。みなさんと力をあわせてとりくんだ運動の経験を生かし、切実な願いを市政の場で実現するために力いっぱい働きます。
【プロフィール】   
●1961年、岩手県生まれ。
●岩手県立大槌高校卒。
●日立製作所などに勤務。 神奈川県立職労厚木病院分会書記、厚木市立病院労組書記、新日本婦人の会厚木支部事務局長など。
●趣味は読書、絵本サークル。
●家族は夫と二男一女。
●厚木市恩名在住。

HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
街の花
お問い合わせ
 ご意見・ご要望・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

Copyright © [ 日本共産党 厚木市議員団 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]